人を好きになるのは自己責任

IMG_9548

 

こんにちは(`・ω・´)

まみです!

 

 

好きな人のことを見ていると

好きなところがどんどん増えていくし、

同時に見たくなかったところや

嫌いな部分も見えてきます。

 

とくに一緒にいる時間が長くなると

見たくなかったところが

どんどん見えてくるし、

一緒にいることに慣れてしまって

相手に対しての不満も

たくさん出てくると思います。

 

私もそうでした。

 

最初はいいところしか見えてなかったから

楽しい、嬉しい、面白い

という感情だけでした。

 

でも、時間が経つにつれて

嫌な部分も見えてきました。

 

あれやってない、これやってない

なんでこうしてくれないの?

これもできないの?

なんでそんなことも分からないの?

気をつかってほしい…

 

もうどんどんどんどん

不満が出てきました。

 

好きなのに、うっとうしくなったり。

好きなのに、イライラしたり。

 

そんな感情の時は、

関係もあまり良くなくて

さらにイライラします。

 

なおくんがこうしてくれないから

まみはイライラすんの!!!!!!!!!!!

 

こんなことも思い始めてました。

 

友達に相談してみると

「なんでそんなに不満があるのに好きなの?」

「どこがいいの?」

「他の人にしたら?」

と何回も言われました。

 

その言葉を聞くたびに

「なんでそんなこと言うのかな…」

「励ましてくれてもいいじゃん…」

と心の中で思っていました。

 

この時は思えなかったけど、

今になって気付いたことがあります。

 

この友達は私の言葉を聞いて

「なんでそんなに不満があるのに好きなの?」

「どこがいいの?」

「他の人にしたら?」

という感想を持ったということ。

 

実際の2人でいる現場を見ているわけでもなく

私の口から出る言葉と表情などから

想像して思ったことを言っただけだということ。

 

もし私が友達に話すときに

「めっちゃ仲良くて、優しくて

すごくいい人なんだよ(*’▽’)」

と言っていたら

友達は

「どこがいいの?」

「他の人にしたら?」

なんて言葉は出ないでしょう。

 

もし、友達に恋人のことを話した時に

「なんでそんなに不満があるのに好きなの?」

「どこがいいの?」

「他の人にしたら?」

などの否定的な言葉を言われてしまったら

友達にイラッとするのではなく、

まずは自分の発した言葉を

振り返ってみてください。

 

否定的な言葉ばかりではなかったですか?

恋人の悪口ばかりではなかったですか?

 

そして、恋人への不満も

もしかしたら自分が原因かもしれません。

 

人はしてもらったことよりも

自分がしてあげたことの方を

覚えているみたいです。

都合いいですよね((+_+))笑

 

私はこんなにもしてあげているのに

彼はなにもしてくれない。

 

こんなことを思ったことはないですか?

 

この考えがおかしいんだ~~~~~(゚Д゚)ノ

 

自分が好きで

相手に勝手に何かしてあげたんだから、

必ず返してもらわないといけない

ということではないということ。

 

そりゃなにかしてくれた人には

なにかして返したくなるけど、

返ってこないということは、

相手にとってはたいしたことのないことを

しているだけだったのかもしれない。

 

でも、もしかしたら

自分が気付いてないだけで

相手はたくさんのことを

してくれているかもいれない。

 

なぜしてもらっているのに

不満が出るのか…;つД`)

 

それは、

自分の理想を叶えてもらえてないから。

 

自分の理想どおりにいかないから

不満が溜まっていく。

 

他に嬉しいことをしてもらっていたとしても

理想どおりじゃないから

なんかしっくりこない。

 

人間はわがままだし

理想は高いから

理想と現実のギャップに

ストレスを感じてしまうんだと思います。

 

理想のことばかり考えてないで

現段階でしてもらっていることを

考えてみてください。

 

改めて考えてみると

意外にいくつか出てくるんですよね。

 

もちろん、相手が気を使えない人だったり

鈍い人だったり

相手の気持ちを考えずに行動してしまう人の

場合もあるので、

全部自分の考え方を変えるだけで

解決するという訳ではないです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>